キャッシングの在籍確認とは

キャッシングの在籍確認とは、キャッシングする際には避けられないもので、勤務先に電話がかかってきて、本人の身元が確かであるかを確認する行為になります。在籍確認というのは、申込書に記入された勤務先に本当に勤めているのかを確認する作業になり、担当者が申込書に記入された勤務先に実際に電話をして確認します。在籍確認の電話は、社名を出さず担当者の個人名出かけてくれるので特に心配はいりません。本人が電話に出れば、それで確認作業は終了です。本人不在の場合でも、本人が席を外していることがわかればそれでOKです。返答によって在籍の有無を判断します。キャッシングの在籍確認というのは、基本的に必ず必要なもので、在籍確認が終わらないと契約ができません。ただ、少額借入の場合は審査項目に問題なければ在籍確認を後回しにして契約することは可能です。借入額が10万円程度であればそれが可能になることがあるので、すぐに在籍確認がとれないかもしれないけど急ぎで借入れしたい場合は、一度相談してみるとよいかもしれません。ただ基本的には、キャッシングの在籍確認は必要と考えておいた方がいいでしょう。